ふるさと納税のグルメポイントの全貌が明らかに

電化製品のイラスト

控除額上限を考慮した寄附

ふるさと納税は節税、節約対策として有効な手段である。寄附先の自治体によっては返礼の品として家電を受領できる場合がある。寄附金額の控除額上限に注意しながら返礼の品を選択すれば、実質的な負担なしで家電を入手することができる。

お肉

米・野菜・肉などが選べる

ふるさと納税では、納税都市ならではの返礼品がもらえ、特にグルメ関係は品数も多く、選ぶだけでも楽しいです。グルメ関係を選ぶときに注意が必要となるのが、量と配送です。自分のライフスタイルや家族構成に合わせた返礼品を選んでみてください。

注目を集める体験型返礼品

食材

控除の帳尻合わせにも最適

グルメポイントはふるさと納税の新しい形として生まれたポイント制度です。これまでふるさと納税は寄附金の額に応じた商品が返礼品として寄附者に贈られてくる仕組みでしたが、グルメポイントではレストランでの食事などグルメに関する体験を行う事が出来る様になっています。グルメポイントを使用する流れとしては、通常のふるさと納税の仕方と同じく、ふるさと納税専門サイトを経由して申請を行います。通常のふるさと納税と異なるのは寄附金額の半額がグルメポイントとして付与される点です。また、ポイントのやり取りとなるので、商品の受け渡しもスムーズで通常、数週間が発送までにかかる所が即日発行されます。発行後は、発行されたグルメポイントをもとに利用可能店舗に自身で予約を入れて、来店し、食事を楽しむと言う流れです。ブランド和牛やフグなど各地の特産品を現地に行かずとも楽しむ事が出来るので、興味はあったが、試さなかったと言う方にも最適です。もちろん、通常のふるさと納税と同じく、税金の控除を受ける事も出来るので、控除の上限まで枠に余裕がある方などの帳尻合わせに利用するのも賢い使い方であると言えます。ブランド和牛を貰って自身で調理をして楽しむのも良いですが、プロの料理人が最高の調理を加えた料理を楽しむのも一つの楽しみ方です。この様にグルメポイントはグルメな方、料理が苦手な方、元々、利用出来るレストランを狙っていた方など様々な方におすすめな仕組みです。

パソコンを見る2人の女性

寄付して特産物をもらう

ふるさと納税を活用することによって地域のおすすめの特産物が貰え、払った金額以上のモノがもらえます。また、寄付した金額によって翌年所得税が控除を受けることができます。多くの人が活用すれば地域が活性化して人も増え、その地域の人が幸せになり自分自身も特産物がもらえるので一石二鳥です。